皮膚
Online ISSN : 1884-541X
Print ISSN : 0018-1390
ISSN-L : 0018-1390
スキンケア化粧品Sebamed ® の皮膚刺激性および各種皮膚疾患に対する使用成績
戸田 淨松山 孝浦野 一志大城戸 宗男
著者情報
ジャーナル フリー

1999 年 41 巻 4 号 p. 463-474

詳細
抄録

皮膚疾患患者のスキンケア化粧品として開発されたセバメド (R)(洗浄剤2品, 保湿剤2品) の安全性および皮膚疾患に対する治療補助効果を検討した. 健常人を対象としたパッチテスト及び光貼布試験では使用方法を考慮すると, 皮膚刺激性に問題となるものは認められなかった. 軽快期のアトピ-性皮膚炎, 接触皮膚炎, 尋常性座瘡, 乾皮症の患者計41例を対象とした臨床試験では37例 (90.2%) に治療補助効果が認められ, 悪影響ありと判定された患者はいなかった. 使用後は角質水分量が使用前に比べて有意に上昇し, 約9割の患者がしっとり感を実感していた. 以上より, セバメド (R) は上記の皮膚疾患患者の治療において補助的な効果が期待でき, 安全で有用なスキンケア化粧品であると思われた.

著者関連情報
© 日本皮膚科学会大阪地方会
前の記事 次の記事
feedback
Top