社会技術研究論文集
Online ISSN : 1882-4609
Print ISSN : 1349-0184
ISSN-L : 1349-0184
研究論文
津波防災の実態にみる安全・安心に関わる社会技術に関する基礎的研究
片田 敏孝桑沢 敬行金井 昌信児玉 真
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 2 巻 p. 191-198

詳細
抄録

防災施設に想定外力が設定されていることからも明らかなように, 自然災害に対する「安全」は限定的なものであるにもかかわらず, 多くの住民は正常化の偏見などの様々な心理的要因により, 過大な「安心」を感じている. 本稿では, 2003年5月に発生した宮城県沖の地震を事例に, 津波襲来の危険にさらされた住民の心理と避難行動の関連について詳細に分析した結果から, 住民意識の問題点を明らかにし, そのうえで, 津波災害に対する「安心」の一概念を提案し, その視点から住民の津波避難に関わる対策や防災教育のあり方を検討するとともに, 自然災害に対する安全・安心な社会の実現のための社会技術について提言した.

著者関連情報
© 2004 社会技術研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top