社会技術研究論文集
Online ISSN : 1882-4609
Print ISSN : 1349-0184
研究論文
廃棄物からの人工リン資源回収
松八重 一代久保 裕也大竹 久夫長坂 徹也
著者情報
ジャーナル フリー

2008 年 5 巻 p. 106-113

詳細
抄録

現在工業的に利用されている高品質のリン鉱石は、現在のペースで消費が進むと100 年以内に枯渇することが懸念されており、新たなリン資源の開発が強く望まれている。本研究では、詳細なリンの国内マテリアルフロー分析を行い、製鋼スラグと下水汚泥に濃縮されるリンは、質および量において輸入リン鉱石とほぼ同等であり、人工リン資源として極めて高いポテンシャルを有することを示した。また、これら廃棄物からのリン回収技術開発を行った。廃棄物産業連関モデルを用いて、これらの新技術が与える環境負荷および経済影響を定量的に示した。

著者関連情報
© 2008 社会技術研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top