社会技術研究論文集
Online ISSN : 1882-4609
Print ISSN : 1349-0184
研究論文
環境技術の社会導入に関する政策プロセスにおける分野横断的ネットワークと公共的企業家機能に関する分析
埼玉県越谷市レイクタウンにおける住宅の面的CO2排出削減事業を事例として
太田 響子林 裕子松浦 正浩城山 英明
著者情報
ジャーナル フリー

5 巻 (2008) p. 24-39

詳細
PDFをダウンロード (394K) 発行機関連絡先
抄録

本稿は,新奇性の高い環境技術を社会に導入する政策プロセスにおいて,分野横断的ネットワークと民間主体の公共的企業家機能の果たす役割とその特性を検証する.具体事例として,温暖化対策が比較的遅れている住宅部門における面的なCO?排出削減の取り組みである,太陽熱セントラルヒーティングシステムを採用した集合住宅建設のプロセスを扱う.分析からは,新技術を社会に導入するプロセスにおいて,多様なステークホルダーが,(1)分野横断的(マルチセクター)なネットワークを構築することが必要であり,その際,(2)特に民間主体が公共的企業家精神(アントレプレナーシップ)を備えている場合があること,これらの要因の戦略的なマネジメントが社会導入の鍵であることが明らかになった.

著者関連情報
© 2008 社会技術研究会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top