脊髄外科
Online ISSN : 1880-9359
Print ISSN : 0914-6024
認定医-指導医のためのレビュー・オピニオン
かゆみの脳内認知機構
望月 秀紀柿木 隆介
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 30 巻 1 号 p. 53-57

詳細
抄録

 かゆみはかきむしりたくなる不快な体性感覚であり, アトピー性皮膚炎など皮膚疾患において多く認められる症状である. また, 末梢や中枢における神経疾患においてもかゆみが症状としてあらわれることがある. かゆみの治療では抗ヒスタミン薬が一般的に用いられているが, 疾患に伴うかゆみ (慢性掻痒) には十分な効果を示さないことが多い. そのため, より効果的なかゆみの治療法開発が強く望まれている. そのためにも, かゆみや慢性掻痒のメカニズムを理解することが重要である. 1994年, はじめてかゆみの脳機能イメージング研究が報告された. その後, さまざまな研究者によって健常者や慢性掻痒患者を対象にかゆみの脳研究が行われた. さらには, 非侵襲的脳刺激法を用いたかゆみの抑制に関する研究も行われた. 本稿ではこれまでに報告されたかゆみの脳研究について概説する.

著者関連情報
© 2016 日本脊髄外科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top