社会政策
Online ISSN : 2433-2984
Print ISSN : 1883-1850
日本における「社会政策」概念について : 社会政策研究と社会福祉研究との対話の試み
金子 良事
著者情報
ジャーナル フリー

2010 年 2 巻 2 号 p. 48-58

詳細
抄録

本稿では社会政策を「社会秩序の維持,ないし醸成を目的とした政策」と定義した。近年,日本ではヨーロッパのsocial policyの訳語に社会政策が使用されているが,研究史を踏まえるならば,これは社会福祉政策と訳すべきである。日本では歴史的に社会政策の英訳はsocial reformであった。本稿ではこの点をさらに掘り下げ,実際に明治以降に行われてきた政策の背後には社会改良主義だけではなく,社会秩序の維持ないし醸成という動機があったこと,そして,そのような施策はドイツの古いポリツァイ思想と通底していることを指摘した。また,日本における戦後の社会福祉政策においては社会権が基盤にされており,究極的には個人が中心になる。社会秩序という考え方によれば,社会政策は個人の社会権だけでなく,社会そのものに注目し,社会福祉政策を包含する概念として捉えるべきであることが示唆されている。

著者関連情報
© 2010 社会政策学会
前の記事 次の記事
feedback
Top