社会政策
Online ISSN : 2433-2984
Print ISSN : 1883-1850
複合的なキャリア教育の有効性 : 普通高校を例として
橋本 祐森山 智彦浦坂 純子
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 3 巻 3 号 p. 140-148

詳細
抄録

本稿では,独自に実施した調査票調査のデータを用いて,キャリア教育が実際にどのような高校で,どの程度実施されているのかを,キャリア教育の「需要」と「実施可能性」に着目しながら明らかにした。さらに,キャリア教育の内容を「実学」と「座学」の二つに分けて捉え,両者を複合的に実施することの有効性を検討した。その結果,キャリア教育の実施状況を規定する要因としては,進学率が低い高校ほど,切実な「需要」に応じてキャリア教育を実施しており,「実施可能性」の高い環境に恵まれている小規模校ほど,実際にキャリア教育を実施できているということが確認された。加えて,複合的キャリア教育の有効性については,「実学」であるインターンシップと「座学」である知識教育の交互作用効果が,複数の「効果」に関する項目で確認された。キャリア教育における様々な方向からのアプローチは,教育現場において積極的に取り組むに値する試みである。

著者関連情報
© 2012 社会政策学会
前の記事 次の記事
feedback
Top