表面科学学術講演会要旨集
2018年日本表面真空学会学術講演会
セッションID: 2P68S
会議情報

11月20日(火)
走査トンネル顕微鏡によるボロフェンの低温電子物性測定
*細川 晋平新宮 勇遠藤 聡田畑 博史久保 理片山 光浩
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

ボロフェンはホウ素で構成された二次元層状物質であり、理論計算により最大24.7 Kで超伝導特性を示すと予測されている。本研究では、Ag(111)基板上にボロフェンを作製し、極低温に冷却した際の構造と電子状態密度を走査トンネル顕微鏡及び走査トンネル分光法を用いて測定した。予測された超伝導特性は実証できていないが、DFT計算により基板との相互作用によるバンド構造変化や電荷移動について分析を行った。

著者関連情報
© 2018 公益社団法人 日本表面科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top