表面科学学術講演会要旨集
2016年真空・表面科学合同講演会
セッションID: 1PB07S
会議情報

11月29日(火)
NaCl絶縁体超薄膜上に吸着したPTCDAの単分子分光
*木村 謙介今田 裕今井 みやび三輪 邦之河原 祥太川合 眞紀金 有洙
著者情報
キーワード: 電子状態, 光物性
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

走査トンネル顕微鏡を用いて、基板に吸着させた単一分子に電子を注入する事で励起状態を作ることで、分子を発光させる事が可能である。その際、分子軌道の準位と基板のフェルミ準位の位置関係が重要となるが、p型の有機半導体に使われる分子でしか発光測定が報告されていない。本研究では、準位の位置関係を変えた際の発光機構解明を目的に、n型として知られるPTCDA分子のSTM発光測定を行ったので、その報告をする。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本表面科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top