現代社会学理論研究
Online ISSN : 2434-9097
Print ISSN : 1881-7467
フェミニズムの主体と権利
中絶をめぐる女性の自己決定権の再考
松浦 由美子
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2020 年 14 巻 p. 57-69

詳細
抄録

「自己決定権」の概念は、人工妊娠中絶へのアクセスを求めるフェミニズムの主張の論拠として1980年代後半以降広く使われてきたが、日本のフェミニズムは「権利」の語の使用には積極的ではなく、それはしばしば忌避され、ときには棄却されてきた。フェミニストたちは、自己決定することは胎児の生命の価値を否定するものではない、女性の「自己」とは胎児と別個に存在しているのではない、と繰り返し論じてきたが、「権利」のないその「自己決定」は「決定」の名に値するものなのか。はたして「権利」は中絶をめぐるフェミニズムの言説において本当に必要ないのだろうか。これらの問いに答えるために、カール・シュミット、ジャック・デリダ、エルネスト・ラクラウらの議論を参照して主体と決定との構成的な関係を考察する。それによりフェミニズムが用いてきた自己決定権の主張がはらむ問題点を明らかにし、これまで避けられてきた「権利」概念の必要性を論じたい。

著者関連情報
© 2020 日本社会学理論学会
前の記事 次の記事
feedback
Top