口腔・咽頭科
Online ISSN : 1884-4316
Print ISSN : 0917-5105
ISSN-L : 0917-5105
総 説
スギ花粉症に対する舌下免疫療法の現状と課題
湯田 厚司
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 22 巻 1 号 p. 35-38

詳細
抄録

スギ花粉症は4人に1人が有病する国民病である. 免疫療法はアレルギー性鼻炎に非常に有効な治療で, 一部では根治ができる. 舌下免疫療法は皮下注射法による免疫療法の痛みや頻回の通院といった問題点を改善した新しい治療法であるが, まだ試験段階である. これまでの我々の経験から, スギ花粉症の舌下免疫療法は皮下注射法と同等の効果を期待できないが, 薬物治療以上の効果を期待でき, 花粉飛散期の薬物使用量を減らせる. 一方で, 問題点と課題もわかりつつある. より効果的な投与方法と治療期間が今後の検討課題であり, 薬液の改善開発も必要になると考えられる.

著者関連情報
© 2009 日本口腔・咽頭科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top