日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
栃木県那珂川における両側回遊型アユの遡上日と遡上群数の予測
中村 智幸糟谷 浩一
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 70 巻 3 号 p. 288-296

詳細
抄録

那珂川の両側回遊型アユについて, 河口付近における冬の積算海水温, 栃木県における遡上初認日・遡上観察群数・秋の平均体重の4要因の関係を解析した。その結果, 冬の積算海水温が高い年ほど遡上初認日が早く, 遡上観察群数も多いという有意な傾向が認められた。また, 遡上初認日が早い年ほど遡上観察群数は多く, 遡上観察群数が多い年ほど秋の平均体重は小さいことが明らかになった。以上の結果から, 遡上初認日は冬の積算海水温から, 遡上観察群数は冬の積算海水温と遡上初認日からそれぞれ予測できると考えられた。

著者関連情報
© 2004 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top