日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
報文
伊勢湾, 三河湾で標識放流したトラフグ人工種苗の分布・移動
阿知波 英明
著者情報
ジャーナル フリー

2004 年 70 巻 3 号 p. 304-312

詳細
抄録

トラフグ人工種苗の分布・移動などを把握するため, 1995~1999年の7~12月に計19群21,805個体 (全長58.5~207.0mm) を, 伊勢湾, 三河湾で標識放流した。その結果1,464個体 (6.7%) が再捕され, 再捕場所は伊勢湾, 三河湾および両湾に隣接した遠州灘に限られ, 放流時の全長と再捕率には正相関が認められた。再捕場所は, 放流年の10月までは伊勢湾, 三河湾, 11~12月は両湾と遠州灘, 翌年1月以降は伊勢湾湾口部から遠州灘であった。また, 伊勢湾湾口部での放流群は, 放流3ヶ月以内の再捕が多く移動範囲も広いものの, 再捕率は低くなった。

著者関連情報
© 2004 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top