日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
短報
ハタハタ Arctoscopus japonicus の卵塊が多色化する要因
森岡 泰三堀田 和夫友田 努中村 弘二
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 71 巻 2 号 p. 212-214

詳細
抄録

ハタハタの卵色の決定に関与する要因を把握するため,異なる餌料で半年間飼育した 2 群から得た成熟卵や餌料の抽出液の吸光度を比較した。オキアミとイカナゴを混合した餌料で育成した群は配合飼料の群に比べて卵,餌料とも吸光度が大きく,群の間に有意差が認められた。前者の卵色は濃い赤や黄色,後者は淡い緑が基調となっており,餌料成分は卵色の決定に関与する要因の一つと推定された。

著者関連情報
© 2005 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top