日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
報文
シシャモ Spirinchus lanceolatus の遡上河川における産卵場所と物理環境条件の関係
新居 久也村上 一夫米田 隆夫上田 宏
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 72 巻 3 号 p. 390-400

詳細
抄録

資源の減少が著しいシシャモ Spirinchus lanceolatus の遡上河川における産卵場所と水深,底層流速,底質の物理環境条件の関係を解析した。調査は 1982 年から 2003 年にかけて北海道太平洋側においてシシャモが遡上する 8 河川で実施した。その結果,各河川の産卵域が明らかとなり,産着卵密度の高い地点の物理環境条件には,底層流速が 0.6 m/sec 未満という共通点が認められたものの,水深と底質は各河川で異なっていた。これらの知見は,今後の産卵域保全のための基礎資料として有効である。

著者関連情報
© 2006 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top