日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
報文
七尾湾および富山湾で放流したハタハタ人工種苗の成育,産卵と移動
友田 努堀田 和夫森岡 泰三
著者情報
ジャーナル フリー

2006 年 72 巻 6 号 p. 1039-1045

詳細
抄録

ハタハタ人工種苗の生態を把握するため,2000 年 4 月に計 2 群 6,966 尾(平均全長 10.4 cm)を七尾湾と富山湾で標識放流した。2005 年 1 月までに計 123 尾(1.8%)が再捕され,再捕の 9 割強が産卵群と考えられる 2 歳以上の親魚であった。両放流群とも,過半数が富山湾内で再捕され,その他の多くが新潟,山形および秋田県沖で再捕された。本結果は,七尾湾,富山湾に放流した人工種苗が主に富山湾内に滞留し成育,産卵するものの,一部は北上し日本海北部系群や新潟周辺の地域群と交流していることを示すものである。

著者関連情報
© 2006 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top