日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
報文
実験池におけるオオクチバスの釣られやすさに見られる個体差
片野 修
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 75 巻 3 号 p. 425-431

詳細
抄録

オオクチバスの釣られやすさに見られる個体差について実験池で調べた。1 日おきに 10 回調査したところ,1 回に釣られるバスの数は日ごとに減少した。個々のバスが実験期間を通して釣られた回数には 0~8 回と大きな差があり,同じ個体が 1 日に 2 回釣られることも 3 例認められた。釣られた記録から,65 尾のオオクチバスのうち 34 尾は,用心深い個体(8 尾),学習する個体(10)尾,釣られやすい個体(16 尾)に分けられた。オオクチバスでは,釣られる危険に対する学習と用心深さや釣られやすさの個体差の両方が認められる。

著者関連情報
© 2009 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top