日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
日本産アマモ Zostera marina の分布南限群落における季節的消長と光合成特性
河野 敬史GREGORY N. NISHIHARA寺田 竜太
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 78 巻 4 号 p. 692-704

詳細
抄録

鹿児島湾の日本産アマモ分布南限群落で群落の垂直分布構造と季節変化,光合成活性を明らかにした。群落は水深 2~2.5 m に見られ,草体は冬から春に伸長し,夏までに枯死流失した。純光合成速度は 20℃ で最高値を示し,12~24℃ で最高値と有意差がなかった。一方,28℃,32℃ では呼吸速度が増加し,純光合成速度は有意に低下した。光化学系IIの電子伝達速度は 30℃ で最高値を示し,それ以上で減少した。生育地の個体では電子伝達の阻害は見られないが,呼吸速度の増加で純光合成速度は低下する環境と考えられた。

著者関連情報
© 2012 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top