日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
緑藻 クロレラ Chlorella pyrenoidosa より得られたペプチドヘテロ多糖体の補体 C3 と腹腔マクロファージに及ぼす影響
伊藤 浩子柿沼 誠藤島 雅基荒川 ゆかり中田 福佳伊藤 均
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 81 巻 2 号 p. 267-273

詳細
抄録

クロレラからペプチドヘテロ多糖体(FA-1a)を単離し,補体第 3 成分(C3)と腹腔マクロファージへの影響を調べた。ヒト血清を用いた交叉免疫電気泳動において,活性化が認められ,第 3 のピークが出現した。マウスに FA-1a を経口投与すると,C3 から変換した C3b はマクロファージと結合し,C3 陽性細胞も顕著に増加することが免疫蛍光抗体法で観察された。また,活性化マクロファージは,ラテックスビーズの貪食能を著しく上昇させた。本研究は FA-1a が C3 とマクロファージを活性化することを初めて認めたものである。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top