日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
短報
マイワシに対する調査用流し網の網目選択性について
佐藤 愛美東海 正川端 淳
著者情報
ジャーナル フリー
電子付録

2015 年 81 巻 2 号 p. 290-292

詳細
抄録

複数の目合を組み合せた調査用流し網による資源調査の結果からマイワシに対する網目選択性を求めた。マイワシが多獲された目合 33,37,44,48 mm では大きな目合ほど大きな個体が獲られる網目選択の効果が認められ,その目合別体長組成から選択性曲線を推定した。選択性曲線の最適体長に該当するマイワシは鰓蓋後縁よりやや前の胴周長が網目内周長と一致することから,「鰓かかり」や「刺し」による漁獲と推察された。より大きな目合で漁獲されるマイワシは「鰓かかり」や「刺し」ではなく「絡み」で漁獲されたことが示唆された。

著者関連情報
© 2015 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top