日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
イセエビによるツマジロナガウニのサイズ選択的捕食
川俣 茂田井野 清也宮地 麻央中村 洋平
著者情報
ジャーナル フリー
電子付録

2016 年 82 巻 3 号 p. 306-314

詳細
抄録

 イセエビ(頭胸甲長 CL:59-93 mm)によるツマジロナガウニ(4 サイズ群:殻径 10-19,20-29,30-39,40-49 mm)の捕食を水槽実験で調べた。被食ウニの最大殻径は CL の増加に伴い増加した。サイズ群別のウニに対する捕食成功率(捕食個数/攻撃回数)は,CL に対して最小サイズ群でほぼ一様に高く(約 75%),最大サイズ群で低く(<11%),また中間の 2 サイズ群で CL の増加に伴い増加した。この結果は,大型(>40 mm)のウニでは大型イセエビでも捕食され難くなることを示唆する。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top