日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
海亀の前肢のはばたきと推進力について
塩澤 舞香塩出 大輔胡 夫祥東海 正小林 真人
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 82 巻 4 号 p. 550-558

詳細
抄録

 中層・底層定置網の箱網用海亀脱出装置における扉の設計のために,アオウミガメ(標準直甲長 0.39-0.72 m)とアカウミガメ(同 0.63-0.84 m)の前肢のはばたきによって生じる推進力を屋外水槽で計測し,はばたきの周波数をビデオ映像より求めた。推進力とはばたきの周波数,一連のはばたきの回数は時間経過とともに減少したが,30 分経過後でも海亀脱出装置の扉を押し開けるのに必要な 40 N より大きな推進力が得られた。入網した海亀は,現在考案されている海亀脱出装置の扉を押し開けることが可能であると考えられた。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top