J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本水産学会誌
Vol. 82 (2016) No. 4 p. 631-633

記事言語:

http://doi.org/10.2331/suisan.16-00015

短報

 アイゴ幼魚による亜熱帯藻場構成植物 7 種の摂食減少率(重量減少比)を飼育条件下で調べた結果,リュウキュウスガモおよびマクリで低い値となった。一方,カサノリ,ホソカゴメノリ,オキナワモズク,カズノイバラおよびイトクズグサで高い値が得られた。これら小型海藻 5 種はいずれもアイゴが浅海域に出現しない時期に繁茂することから,その分布・消長には,アイゴの摂食活動も影響している可能性が示唆された。

Copyright © 2016 公益社団法人 日本水産学会

記事ツール

この記事を共有