日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
フィリピン共和国パナイ島バタン湾産水産物の国内流通と主体間関係
中原 尚知神山 龍太郎宮田 勉
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 83 巻 4 号 p. 631-638

詳細
抄録

 本稿の目的は,フィリピン共和国パナイ島バタン湾産水産物をめぐる流通実態および主体間関係の解明である。流通のステークホルダーに対し,調査票を用いた面接調査を行った。国内で完結する生鮮魚介類フードシステムにおける主体間関係の検討より,一部の流通業者による独占や寡占といった状態は形成されていないと判断できた。そして,流通業者の調達・販売の困難さが増しており,集荷競争が激化していた。旺盛な需要が資源減少を招き,さらに集荷競争激化により資源減少が強まる可能性が示唆された。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top