日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
光環境操作によるウナギ仔魚と懸濁飼育水の分離法
張 成年増田 賢嗣里見 正隆鴨志田 正晃高橋 光男
著者情報
ジャーナル フリー
電子付録

2019 年 85 巻 6 号 p. 585-590

詳細
抄録

 ウナギの完全養殖は達成されたが,飼育環境の水質維持のために頻繁な水槽の交換や洗浄が必要であり,人的にも仔魚にとっても大きなストレスとなっている。本研究ではパイプで連結したかけ流し式の水槽システム案を紹介する。パイプの断面積が約12 cm2以下,パイプ内の流速が約1 mm s−1以上という条件により,下流水槽の懸濁水が上流水槽へ漏洩することを防止できた。一方,照明をコントロールすることにより,仔魚を下流水槽から上流水槽へと能動的に移動させることができ,餌で汚れた飼育水から分離することができた。

著者関連情報
© 2019 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top