日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
報文
全国のアサリ漁場干潟における線虫類の現存量と形態的特徴
辻野 睦内田 基晴手塚 尚明高田 宜武
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 86 巻 3 号 p. 184-195

詳細
抄録

 全国12のアサリ漁場干潟における線虫類の分布と形態的特徴について底質環境およびマクロベントス現存量との関係を調べた。線虫類の生息密度は有機物量が多く粒径が細粒部に偏り,バクテリア生菌数が多く還元的な干潟で高いと言えた。線虫類の体長や体幅は底質の粒度組成および酸化還元電位といった物理化学的な環境と関係していることが示された。線虫類とマクロベントスの湿重量には正の相関関係があり,線虫類の現存量が高いと考えられる底質環境の干潟では,アサリを含むマクロベントス現存量も高くなる傾向が認められた。

著者関連情報
© 2020 公益社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top