日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ISSN-L : 0021-5392
ヒラメParalichthys olivaceus成魚からの筋肉生検による粘液胞子虫ナナホシクドアKudoa septempunctataの新検査法
井上 誠章佐藤 純米加田 徹西岡 豊弘森 広一郎
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 16-00004

この記事には本公開記事があります。
詳細
抄録

 近年,ヒラメParalichthys olivaceusの魚体に寄生したナナホシクドアKudoa septempunctataが生食による食中毒の原因となることが明らかにされた。これにより,現在は養殖現場でも出荷前のヒラメにおけるナナホシクドア感染検査の実施が求められている。本研究では,魚を生かしたまま行うことができ,魚体への負荷が少ない簡易的なナナホシクドア感染の検査法として筋肉生検による方法を開発した。

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 日本水産学会
feedback
Top