日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
ピペロニルブトキシド処理ブリにおけるオキソリン酸血中濃度
瀬川 勲池田 和夫
著者情報
ジャーナル フリー

65 巻 (1999) 1 号 p. 108-109

詳細
PDFをダウンロード (367K) 発行機関連絡先
抄録

ピペロニルブトキシド処理がブリのオキソリン酸血中濃度に及ぼす影響を検討した。ブリ肝ミクロゾームにおけるオキソリン酸代謝活性は, ピペロニルブトキシド添加により対照の5%に低下した。さらに, ピペロニルブトキシド処理ブリの血中オキソリン酸の生物学的半減期は, 対照群の2.7倍に延長された。よって, ブリではピペロニルブトキシド処理によりオキソリン酸血中濃度をより長く維持できることが示された。

著者関連情報
© 社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top