J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本水産学会誌
Vol. 65 (1999) No. 1 P 110-111

記事言語:

http://doi.org/10.2331/suisan.65.110


イトマキヒトデ, ニチリンヒトデ, ニッポンヒトデ, およびヒトデの幽門盲のうをクロロホルムーメタノール(2 : 1,v/v)またはアセトンで脱脂して得られた粉末からそれぞれ粗酵素[I]と[II]を調製し, それらのホスホリパーゼ(PLase) A活性を測定した。その結果, イトマキヒトデの粗酵素[I]および[II]のPLase A活性値および比活性値は, 他の3種のそれらに比べて著しく高かった。また, イトマキヒトデとニチリンヒトデの粗酵素[I]のPLase A活性値および比活性値は, 粗酵素[II]のそれらより高かった。

Copyright © 社団法人 日本水産学会

記事ツール

この記事を共有