日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
高アスコルビン酸飼料給与によるブリの細菌性溶血性黄疸軽減の試み
伊東 尚史村田 寿大山 剛吉田 照豊境 正山内 清山口 登喜夫宇川 正治
著者情報
ジャーナル フリー

2000 年 66 巻 2 号 p. 298-299

詳細
抄録

ブリの細菌性溶血性黄疸の症状を, アスコルビン酸(AsA)給与により軽減できることを明らかにするため, AsAカルシウム塩を94mg/100g配合されたシングルモイスト飼料(1区)を対照とし, これに外割で2%L(+)-アスコルビン酸を加えた高AsA飼料(2区)を5日間ブリに給与後, 黄疸原因菌を接種した。原因菌の接種によりすべてのブリで黄疸が発症したが, 高AsA飼料給与区の肝臓および血漿のAsA含量は, 対照区の値と比べ著しく減少した。黄疸発症魚の血液ヘモグロビン含量の減少, 比肝重値および比脾臓重値の増加および血漿ビリルビン含量の増加は, それぞれ1区に比べ2区の方が抑制された。すなわち, 高AsA飼料の短期間給与により, ブリの細菌性溶血性黄疸の症状を軽減できた。

著者関連情報
© 社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top