日本水産学会誌
アルテミア摂餌期におけるノコギリガザミ幼生への EPA と DHA の給餌適正量
小林 孝幸竹内 俊郎荒井 大介関谷 幸生
著者情報
ジャーナル フリー

66 巻 (2000) 6 号 p. 1006-1013

詳細
PDFをダウンロード (966K) 発行機関連絡先
抄録

アルテミア摂餌期におけるノコギリガザミ幼生へのエイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)の給餌適正量を明らかにすることを目的に, 各齢期の生残率, 平均到達日数, 第1齢稚ガニの全甲幅長および餌料中の脂肪酸含量等を検討した。その結果, ノコギリガザミ幼生は生残に対してEPAを強く要求し, 乾燥重量当り1.3∿2.5%程度必要であるものと推察された。また, DHAは第1齢稚ガニの全甲幅長を大きくすることに機能するが, 0.46%以上強化するとメガロパ幼生への変態に際し, 脱皮失敗によるへい死率の増加がみられることが明らかとなった。

著者関連情報
© 社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top