J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

日本水産学会誌
Vol. 67 (2001) No. 5 P 887-893

記事言語:

http://doi.org/10.2331/suisan.67.887


ムラサキイガイを用いて, 季節や個体サイズおよび潮間帯生息深度が, 脂肪重当たりの残留性有機塩素化合物(OCs)蓄積濃度におよぼす影響ついて検討した。ムラサキイガイでみられたOCs濃度の季節変動は生理的な変化によるものではなく, 海水中のOCs濃度を反映していると解釈された。またサイズや潮間帯生息深度による変化もみられなかった。よってムラサキイガイは, 脂肪重当たりのOCs濃度に換算することで, 汚染監視のための生物指標として季節に関わりなく, 潮間帯のどの生息深度のものでも利用できると結論された。

Copyright © 社団法人 日本水産学会

記事ツール

この記事を共有