日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
キャッチアンドリリースされたイワナの成長・生残・釣られやすさ
坪井 潤一森田 健太郎松石 隆
著者情報
ジャーナル フリー

2002 年 68 巻 2 号 p. 180-185

詳細
抄録

北海道南部の4河川において,天然のイワナSalvelinus leucomaenisを用いて,キャッチアンドリリース後の成長,生残,釣られやすさを調べた。釣獲直後の死亡率は6.7%であり,過去の研究結果に近い値であった。一方,キャッチアンドリリースが行われた個体において,成長率や生残率の低下は認められなかった。また,釣られやすさは釣獲経験のある個体と無い個体で同程度であった。よってキャッチアンドリリースを行うことは資源量および釣獲量の増大に有効であることが示唆された。

著者関連情報
© 社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top