日本水産学会誌
Online ISSN : 1349-998X
Print ISSN : 0021-5392
フグ卵巣ぬか漬けの微生物によるフグ毒分解の検討
小林 武志木村 凡藤井 建夫
著者情報
ジャーナル フリー

2003 年 69 巻 5 号 p. 782-786,853

詳細
抄録

石川県特産のフグ卵巣ぬか漬けでは,有毒卵巣がぬか漬け後に食用となるので,その減毒への微生物関与の可能性を検討した。ぬか漬け製造中の桶の液汁を採取し,これにフグ毒を添加して貯蔵を行い,その毒性を測定すると共に,ぬか漬けの微生物185株をフグ毒培地に各々接種し,培養後の培地の毒性を測定した。また,フグ毒培地にぬか漬けを直接接種,培養して,毒性変化を調べ,毒分解活性を有する微生物を増菌して分離しようと試みた。しかし,一連の実験では,微生物関与と考えられる明確な毒性低下を確認できなかった。

著者関連情報
© 社団法人 日本水産学会
前の記事 次の記事
feedback
Top