膵臓
Online ISSN : 1881-2805
Print ISSN : 0913-0071
特集 膵癌取扱い規約第7版の解説と主な変更点
6.病理組織診断・生検・細胞診について
福嶋 敬宜
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 31 巻 6 号 p. 818-824

詳細
抄録

日本膵臓学会発行の膵癌取扱い規約第7版において,病理診断に関連した主な改訂点は,局所進展度因子の判定基準の明確化,組織型分類の見直し,生検,細胞診の診断報告様式についての指針の新設,術前化学療法や放射線照射の組織学的な効果判定法の新設などである.膵腫瘍の診療において,膵癌取扱い規約はその診療方針決定における基盤でありまた診療科を越えた共通語でもある.したがって,腫瘍の病理組織型や病理診断の判定基準などについても,診療科を問わずその概要は知っておく必要がある.

著者関連情報
© 2016 日本膵臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top