膵臓
Online ISSN : 1881-2805
Print ISSN : 0913-0071
ISSN-L : 0913-0071
症例報告
興味深いMRI所見を呈した悪性黒色腫膵転移の1例
安田 剛士保田 宏明江口 大樹竹田 善哉伏木 邦博小野澤 由里子片山 政伸田中 基夫馬場 正道重松 忠
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 34 巻 4 号 p. 188-194

詳細
抄録

60代,女性.皮膚黄染を主訴に受診.半年前に右副鼻腔悪性黒色腫に根治切除術の施行歴があった.来院時の腹部造影CTでは膵頭部を中心に多発する最大25mmの遷延性濃染を示す腫瘤を認め,悪性黒色腫の転移再発が疑われた.原発巣はメラニン産生性であり,その転移巣であればMRIのT1強調画像で高信号を呈すると想定されたが,膵腫瘤は低信号を呈していた.膵頭部病変に超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)を施行し,転移性のメラニン非産生性悪性黒色腫と診断に至り,MRI所見と解離した理由が推察された.治療方針決定のための遺伝子変異検査は,検体量が十分な原発巣切除検体で行ったが,選択された薬剤の効果は認められず,転移巣では原発巣と異なる遺伝子変異の存在が示唆された.

著者関連情報
© 2019 日本膵臓学会
前の記事
feedback
Top