膵臓
Online ISSN : 1881-2805
Print ISSN : 0913-0071
ISSN-L : 0913-0071
症例報告
83歳の高齢男性に発症した膵Solid Pseudopapillary Neoplasmの1例
福家 拓郎須藤 広誠西浦 文平伊吹 英美鎌田 英紀岡野 圭一臼杵 尚志鈴木 康之
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 35 巻 6 号 p. 559-567

詳細
抄録

症例は83歳の男性.血清アミラーゼ値の上昇を認めたため,腹部造影CTを施行した.膵鈎部に40mm大の内部不均一な造影効果を伴う腫瘤性病変を認めEUS-FNAでsolid pseudopapillary neoplasm(SPN)が強く疑われたが鑑別診断として腺房細胞腫瘍の可能性も考慮し,亜全胃温存膵頭十二指腸切除術ならびに領域リンパ節郭清を施行した.切除標本の肉眼所見としては境界やや不明瞭で内部に出血,嚢胞性変化や壊死を伴っていた.病理組織学的に腫瘍細胞の偽乳頭状所見,充実性増殖所見を認めた.免疫組織学的にβ-catenin,vimentinは陽性,chromograninは陰性であった.以上よりSPNと最終診断した.現在術後2年を経過し,無再発生存中である.男性SPNは稀であり,また80歳を超える高齢男性に認めた報告はない.文献上記録すべき症例として報告する.

著者関連情報
© 2020 日本膵臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top