膵臓
Online ISSN : 1881-2805
Print ISSN : 0913-0071
ISSN-L : 0913-0071
症例報告
門脈輪状膵の鉤状突起に発生した膵神経内分泌腫瘍の1例
白井 大介村田 哲洋清水 貞利高台 真太郎三浦 光太郎金沢 景繁
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 36 巻 2 号 p. 128-134

詳細
抄録

症例は78歳,女性.近医にて膵頭部腫瘤を指摘された.前医での造影CT検査にて膵鉤状突起に30mm大の強く造影される腫瘤を認め,超音波内視鏡下針生検にて膵神経内分泌腫瘍と診断され,手術目的に当院紹介となった.膵頭十二指腸切除術を施行する際,門脈直上で膵切離し,腫瘍を含めた膵鉤状突起を門脈から剥離していくと膵は門脈左背側から膵体部に癒合することが確認され門脈輪状膵と診断した.門脈背側の膵は自動縫合器で離断し,主膵管が走行する腹側の膵は膵空腸吻合を施行した.術後合併症はなく術後17日目に退院となった.術前CTを再検討しても膵鉤状突起に腫瘍があるため,門脈輪状膵を指摘することは困難であった.門脈輪状膵は非常に稀な膵形態異常であるが,膵切除の際は術後膵液瘻発生のリスクとなり注意が必要である.術前診断が困難な場合もあり,普段から門脈輪状膵の形態異常を念頭におき手術に臨むことが重要と考えられた.

著者関連情報
© 2021 日本膵臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top