膵臓
Online ISSN : 1881-2805
Print ISSN : 0913-0071
ISSN-L : 0913-0071
症例報告
膵癌再発に対するペムブロリズマブ投与後に急性発症1型糖尿病をきたした1例
坂本 明優船水 尚武岩田 みく永岡 智之田村 圭坂元 克考高井 昭洋小川 晃平高田 泰次
著者情報
ジャーナル 認証あり

2021 年 36 巻 2 号 p. 158-162

詳細
抄録

症例は76歳,女性.17ヶ月前に膵癌(fStage IV)に対して膵頭十二指腸切除術を受け,nab-パクリタキセルとゲムシタビン,その後S-1による化学療法を施行された.術後12ヶ月目のCTで腹膜播種を認め,マイクロサテライト不安定性(MSI)検査でMSI-highであったため,ペムブロリズマブ(PEM)を開始した.PEMの開始から5ヶ月後に食欲不振が出現し,血液検査で高血糖とケトン体の上昇を認め,PEMによる急性発症1型糖尿病,および糖尿病性ケトアシドーシスと診断した.補液とインスリン投与で軽快し,第24病日に退院した.近年,免疫チェックポイント阻害薬の適応の拡大に伴い,その副作用である免疫関連有害事象が報告されている.抗PD-1抗体による1型糖尿病の頻度は稀ではあるが,致死的となることがあり,迅速な対応とともに定期的な血糖測定が必要である.

著者関連情報
© 2021 日本膵臓学会
前の記事 次の記事
feedback
Top