大気環境学会誌
Online ISSN : 2185-4335
Print ISSN : 1341-4178
技術調査報告
マルチノズルカスケードインパクタ(MCI)サンプラーを用いた近年の道路沿道と一般環境における粒子状物質(PM2.5及びPM2.5-10)の比較
米持 真一梅沢 夏実磯部 充久松本 利恵深井 順子城 裕樹関根 健司相沢 和哉
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 44 巻 4 号 p. 211-221

詳細
抄録

マルチノズルカスケードインパクタ(MCI)サンプラーを用いて, 埼玉県内の国道17号線沿道3地点と, 対照となる一般環境の3つの組合せからなる計6地点で, 微小粒子(PM2.5)と粗大粒子(PM2.5-10)を捕集した。MCIサンプラーを用いて得られたPM2.5質量濃度は, FRMサンプラーを用いて得られたPM2.5質量濃度より5%程度高くなった。 道路沿道と一般環境のPM2.5質量濃度間の相関は, PM2.5-10濃度間の相関より高くなった。しかしながら, 特に田園に位置する騎西では, 冬期に道路沿道よりも高濃度となる現象が見られた。この原因は収穫期以降に見られるバイオマスの燃焼によるものと考えられた。また, 東京湾から55 kmの距離に位置する騎西でも, 夏期の粗大粒子中に海塩粒子が輸送されていた。県内の6地点における硫酸イオンの濃度変動の類似性を変動係数で評価したところ, 夏期, 冬期ともに変動が極めて類似していた。このことから, 少なくとも県内の硫酸イオンは自動車などの局所的な発生源の影響は少なく, 長距離輸送などの影響が示唆された。

著者関連情報
© 2009 社団法人 大気環境学会
前の記事 次の記事
feedback
Top