胆道
Online ISSN : 1883-6879
Print ISSN : 0914-0077
総説
膵・胆管合流異常の診療ガイドライン(日本膵・胆管合流異常研究会・日本胆道学会編)
島田 光生神澤 輝実安藤 久實須山 正文森根 裕二森 大樹
著者情報
ジャーナル フリー

26 巻 (2012) 5 号 p. 678-690

詳細
PDFをダウンロード (1513K) 発行機関連絡先
抄録

要旨:膵・胆管合流異常は解剖学的に膵管と胆管が十二指腸壁外で合流し,膵液と胆汁の相互逆流により,さまざまな病態を惹起するとともに胆道癌の発生母地ともなる.本疾患は不明な点が多く,また未だに治療方針も統一されていないのが現状である.今回,日本膵・胆管合流異常研究会と日本胆道学会が合同で,本疾患に対して病態から診断,治療に至るまでの膵・胆管合流異常診療ガイドラインを世界で初めて作成したのでダイジェスト版として紹介する.

著者関連情報
© 2012 日本胆道学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top