胆道
Online ISSN : 1883-6879
Print ISSN : 0914-0077
ISSN-L : 0914-0077
胆汁粘度を規定する因子
森安 章人伊勢 秀雄北山 修臼井 律郎佐藤 正一井上 晴之早坂 弘人平間 義之本多 博内藤 剛鈴木 範美松野 正
著者情報
ジャーナル フリー

1993 年 7 巻 2 号 p. 109-116

詳細
抄録

胆汁粘度を規定する因子を解明する目的で, 臨床例89例で粘度測定し, 胆汁中コレステロール, リン脂質, 胆汁酸, ヘキソサミン濃度およびLithogenic Index(LI)との関係を検討した.また, 胆汁粘度に影響を及ぼす因子として共存する, 荷電物質(電気伝導度)とpHの影響について実験的に解析した. その結果, 胆汁中ヘキソサミン濃度と粘度は r=0.82と高い相関を示したが, 胆汁脂質やLIとは相関関係がなく, 胆汁中ムチンが粘度を規定する胆汁成分であることが示唆された. また, 電気伝導度やpHの変化は, 胆汁粘度に影響を与えた.細菌培養陰性群はヘキソサミン濃度と正の相関を示したが, 陽性群には明らかな相関は認めなかった. すなわち, 胆石生成に必要なムチンと胆汁粘度を規定しているムチンとは, 明らかな因果関係を認めなかった. したがって, 胆汁粘度を規定する因子としては, 胆汁中ムチンや共存する荷電物質, pH以外に他の諸因子の存在も考えられた.

著者関連情報
© 日本胆道学会
前の記事 次の記事
feedback
Top