天然有機化合物討論会講演要旨集
Online ISSN : 2433-1856
56
会議情報

(+)-ビブサニンAの全合成
坂間 亮浩西村 嘉泰角田 恒平栗栖 卓也吉田 圭佑只野 金一高尾 賢一
著者情報
会議録・要旨集 フリー HTML

p. Poster12-

詳細
抄録

 (+)-ビブサニンA(1)は, 1980年に河津によってViburnum odoratissimum Ker.(和名:サンゴジュ)の葉から単離された,魚毒活性を有するジテルぺノイドである1).その構造的特徴として,不斉四級炭素を含む炭素11員環骨格が挙げられる.この他にも数多くの関連化合物が見出されており,それらの合成研究は活発に行われているが2),11員環型ビブサニンの全合成の報告例は未だにない.そこで,私たちは絶対構造の確認をも目的として,1の全合成に取り組んだ.

 1の逆合成解析をScheme 1に示す.1は,2のアリル転位により得られるものとし,2は,3に対する分子内野崎–檜山–岸(NHK)反応によって,炭素11員環骨格を構築することで得られると考えた.3は,上部セグメント4と下部セグメント5とに分割し,両者のカップリングを経て数工程で合成できると考えた.上部セグメント4は,4-ペンチン-1-オール誘導体7より,Sharpless不斉エポキシ化等の数工程にて得られるとし,下部セグメント5は,ゲラニルクロリド9とキラルなアルデヒドとのBarbier型アリル化反応によって不斉四級炭素を構築した8より3),数工程の誘導にて合成できると考えた.

 まず,上部セグメント4の合成を行った (Scheme 2).購入可能な酢酸 4-ペンチニル(7)を出発原料とし,末端アルキンにヨウ化水素を付加させることでビニルヨ

ウ素体10とし,アセチル基を除去することによって既知のアルコール11 4)を得た.11を酸化してアルデヒド12とした後,安藤試薬135)を用いたHorner–Wadsworth– Emmons反応を行ったところ,Z-オレフィンを有するα,β-不飽和エステル14を選択的に得ることができた.得られた14のエチルエステル部を還元してアリルアルコール6とし,6に対してSharpless不斉エポキシ化を行うことでエポキシアルコール15とした.さらに,15を酸化することで上部セグメント4を合成した.なお,Sharpless不斉エポキシ化で得られた15の光学純度は,水酸基をベンゾイル化した後,キラルHPLC分析を行うことによって70% e.e.であると決定した.現在,15の光学純度を向上させるための検討を行っている.

 続いて,下部セグメント5の合成に着手した.まず,5が有する不斉四級炭素を構築すべく,ゲラニルクロリド9およびL-グリセルアルデヒド誘導体16を基質に用い,亜鉛によるBarbier型アリル化反応を行った(Scheme 3).その結果,生成物のg-付加体として17-A, B, CおよびDの4種類のジアステレオマーが得られたが,このうち,不斉四級炭素を望みの立体化学にて有する17-Bが主生成物となった.なお, 4種類のジアステレオマーは,シリカゲルカラムクロマトグラフィーにて,それぞれ17-A, Bの混合物(66%,A/B = 1:6)と17-C, Dの混合物(4%)とに分離が可能であった.17-Bがジアステレオ選択的に得られた要因としては,亜鉛によるb-キレーションを含む6員環イス型遷移状態を優先的に経るためであると考えている3). 

 得られたg-付加体17-A, Bに対し,水酸基をベンジル化して18-A, Bとした後,ヒドロホウ素化–酸化反応を行った(Scheme 4).その結果,ビニル基に第一級水酸基が位置選

(View PDFfor the rest of the abstract.)

著者関連情報
© 2014 天然有機化合物討論会電子化委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top