天理医学紀要
Online ISSN : 2187-2244
Print ISSN : 1344-1817
ISSN-L : 1344-1817
原著
肺における大切片標本の作製法とその臨床的有用性
野口 峻二郎安田 正利野間 惠之西本 優子本庄 原小橋 陽一郎田口 善夫
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 19 巻 1 号 p. 18-23

詳細
抄録

 当院では肺疾患患者の剖検例に対し,片肺の一割面をそのまま組織標本とする大切片標本の作製を行っている.本稿では当院で行っている大切片標本の作製手順を紹介し,代表的な症例(びまん性汎細気管支炎および関節リウマチ合併間質性肺炎)をCT像と対比して提示する.大切片標本の観察は肺疾患におけるマクロの形態変化や病変分布,さらには小葉構造に基づいた画像の成り立ちを理解する上で非常に有用である.

著者関連情報
© 2016 公益財団法人 天理よろづ相談所 医学研究所
前の記事 次の記事
feedback
Top