Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
グライコデビュー(日本語)
ビフィズス菌のβガラクトシダーゼの基質特異性の多様性:腸内生育環境でのβ-ガラクトシド代謝の理解に向けて
Alexander Holm Viborg
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 27 巻 156 号 p. J9-J12

詳細
抄録

Bifidobacterium属には健康促進効果のある腸内細菌が含まれており、それらは食品または宿主であるヒトに由来するβ-ガラクトシドを好んで代謝する。腸内環境におけるβ-ガラクトシド代謝をより深く理解するために、ヒト腸管由来のビフィズス菌が持つ糖質加水分解酵素ファミリー42(GH42)のβ-ガラクトシダーゼを対象として、バイオインフォマティクス、生化学、構造生物学的手法による研究を行った。GH42 β-ガラクトシダーゼは、腸内に存在するβ-ガラクトシドの多様性と複雑性に応じて、非常に多様な基質特異性を示す。このような多様性はGH42 β-ガラクトシダーゼの分子系統樹からも明らかであり、そこでは機能に応じて分岐が起きている。我々はGH42で初めて機能と構造を対応させた解析を行い、それらの基質特異性の多様性は活性中心の近くのループ領域のわずかな違いにより獲得されていることを明らかにした。一つのビフィズス菌株の中には多様な基質特異性を持つ複数のGH42 β-ガラクトシダーゼが存在し、菌種によってそのパターンは大きく異なることから、ビフィズス菌にとってβ-ガラクトシド代謝の多様性が重要なことがわかる。

著者関連情報
© 2015 FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)
前の記事 次の記事
feedback
Top