Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
ISSN-L : 0915-7352
日本糖質学会40周年記念号論文(日本語)
ジ・オリゴ・ポリシアル酸(シアル酸重合体)の構造と機能解析
佐藤 ちひろ
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 31 巻 181 号 p. SJ32-SJ35

詳細
抄録

シアル酸は糖鎖の非還元末端に一分子存在するモノシアリル基での存在がよく知られている。しかしながら天然にはシアル酸がシアル酸同士で結合したジ・オリゴ・ポリシアル酸構造での存在が知られている。私はこれまでシアル酸重合体に対して、その検出方法を開発して以来、シアル酸重合体の構造と機能の解析を一貫して行ってきた。その結果これまでにその重合度のもつ生物学的な意義の一端を明らかにしてきた。特にポリシアル酸に関してはこれまでのポリシアル酸の機能の概念を覆すことに繋がった。また一連の研究は近年精神疾患や癌研究へと繋がっている。

著者関連情報
© 2019 FCCA (Forum: Carbohydrates Coming of Age)
前の記事 次の記事
feedback
Top