Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
ISSN-L : 0915-7352
日本糖質学会40周年記念号論文(日本語)
ホルムアミジン型求電子剤を用いる無保護糖の還元末端ヒドロキシ基の選択的変換
野口 真人
著者情報
ジャーナル 認証あり

2019 年 31 巻 181 号 p. SJ85-SJ86

詳細
抄録

2-クロロ-1,3-ジメチルイミダゾリニウムクロリドに代表されるホルムアミジン型脱水縮合剤は,水系溶媒中において糖還元末端に対する選択的な活性化剤として作用する.このため,ホルムアミジン型脱水縮合剤と適切な求核剤を作用させることにより,対応する糖化合物への変換が可能である.求核剤としてアジ化ナトリウムやアリールチオールなどが用いられており,様々な複合糖質の中間体として用いられている.本稿では,ホルムアミジン型脱水縮合剤を用いる還元末端ヒドロキシ基の変換反応における,最近の合成例について紹介する.

著者関連情報
© 2019 FCCA (Forum: Carbohydrates Coming of Age)
前の記事 次の記事
feedback
Top