Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
ISSN-L : 0915-7352
ミニレビュー(日本糖質学会編集論文)(日本語)
グリコシルカチオンの制御
佐々木 要磯田 連
著者情報
ジャーナル 認証あり

2020 年 32 巻 187 号 p. J73-J77

詳細
抄録

糖質合成化学の歴史が幕を開けて以来、グリコシルカチオンは重要な反応中間体であると見なされてきたが、それはしばしば思わぬ悪さをする。これまでに開発されてきた反応を注意深く見てみると、そのなかにはグリコシルカチオンを経由する反応を回避したり、あるいはより積極的にグリコシルカチオンを利用したりするために、グリコシルカチオンを巧みに制御しているものがある。このミニレビューは、望む反応を実現するためにグリコシルカチオンが如何に制御されてきたか、特に隣接基関与やSN2様反応について、その実例をいくつか紹介する。

著者関連情報
© 2020 FCCA (Forum: Carbohydrates Coming of Age)
前の記事 次の記事
feedback
Top