Trends in Glycoscience and Glycotechnology
Online ISSN : 1883-2113
Print ISSN : 0915-7352
マメ科レクチンの構造における特徴
Thomas W. HamelryckRemy LorisJulie BouckaertLode Wyns上田 晴子
著者情報
ジャーナル フリー

1998 年 10 巻 55 号 p. 349-360

詳細
抄録

マメ科レクチンはマメ科植物中に見い出される糖結合性タンパク質ファミリーで、タンパク質糖相互作用の研究におけるモデルシステムとして用いられている。種々のマメ科レクチンは、サブユニットの配列と構造の類似性の高さにもかかわらず、著しく広い範囲の糖特異性を示す。さらに、それらのサブユニットは多くの異なる多量体に会合できる。四次構造の類の無い多様性は、架橋格子の形成や疎水的なリガンドとの結合と密接に関連している。

著者関連情報
© FCCA, Forum; Carbohydrates Coming of Age
前の記事 次の記事
feedback
Top