学術の動向
Online ISSN : 1884-7080
Print ISSN : 1342-3363
若手科学者が取り組む国際的活動 ─国際舞台での日本の存在感拡大を目指して─
世界的な学術組織で日本のプレゼンスを発揮する意義
新福 洋子
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 23 巻 10 号 p. 10_78-10_81

詳細
記事の1ページ目
著者関連情報
© 2018 公益財団法人日本学術協力財団
前の記事 次の記事
feedback
Top